• エステVSたるみ毛穴
  • 美顔器VSたるみ毛穴
  • 基礎化粧品VSたるみ毛穴
  • コラーゲン摂取VSたるみ毛穴
  • 洗顔クレンジングVSたるみ毛穴
  • 30代からの毛穴引締め|たるみ毛穴徹底対策ガイドTOP > セラミドは毛穴にどういいの?

    セラミドは毛穴にどういいの?

    皮膚の潤い成分としてよく知られるのがヒアルロン酸でしょう。 しかしセラミドの存在も忘れてはいけません。 セラミドとは細胞間脂質の主成分、つまり角質と角質の間に存在し、水分の維持や蒸発を防ぐ働きをになっているものです。 いずれにしてもこれらの潤い成分は特に加齢とともに減少していってしまいます。 そのため最も大きな影響をうける部分のひとつであるのが毛穴なのです。 特に乾燥肌タイプの毛穴のトラブルは、このヒアルロン酸とセラミドの存在が必要不可欠だといえるでしょう。 そんなセラミドが不足した状態が続くお肌ではまさにダメージの連鎖状態に陥っていると言われています。 といいますのもまずセラミドの不足で水分が常に蒸発してしまい、他の美容有効成分がお肌の奥まで浸透されなくなってしまうからです。 そうしてやがて脱水症状を起こしてしまい、お肌の免疫力みたいなものも低下してしまいます。 それによって同じく潤い成分であるヒアルロン酸が減少したり、美容成分として有名なコラーゲンが破壊されたりするのです。 お肌がそんな不安定な状態であるときに、もちろん毛穴もしっかり引き締まっていることはできません。 そこで開きがちになった毛穴にどんどん汚れが溜まっていくというわけなのです。 場合によってはにきびや炎症などのトラブルを起こすのが毛穴の開きです。 ぜひセラミドを多く補ってあげるようにしてくださいね。

    セラミドの摂取方法

    美容成分の代表といえばコラーゲンにヒアルロン酸、ビタミンCといったところでしょうか。 しかしこのセラミドも実はお肌の保湿には必要不可欠な存在なのです。 コラーゲンやヒアルロン酸は食品からも摂取できることでよく知られますが、さてセラミドの場合はどうなのでしょうか。 セラミドも他の美容成分と同じく食品からも摂取が可能な成分です。 特にこんにゃく、米、ほうれん草、大豆、ヨーグルトなど、中でも一番多いのはこんにゃくであるそうです。 コラーゲンやヒアルロン酸といえば、普段あまり馴染みのない食品に多く含まれています。 それを考えるとセラミドは食品からの摂取が比較的簡単な成分であると言えるのではないでしょうか。 これだったら毎日でも地道に挑戦していけそうですよね。 またその他セラミドも様々な種類のサプリメントが市販されています。 いくら食品からの摂取が簡単でも、忙しい毎日を送る方にはそうとも限りません。 そんなときには持ち運びも便利なサプリメントで補っていくとよいのではないでしょうか。 サプリメントではよく保水力のすごいヒアルロン酸と一緒になっていることもよくあります。 このヒアルロン酸とセラミドのダブルパワーでさらなる潤い効果をもたらすことができるでしょう。 そして最後にセラミド化粧品です。 もちろん化粧水や美容液など様々なタイプのセラミド化粧品を見ることができるでしょう。 サプリメントや食品の摂取と並行して、自分のお肌にあったセラミド化粧品を使うのもとってもおすすめです。

    エステで毛穴対策

    美顔器で毛穴対策

    管理人オススメの基礎化粧品

    たるみ毛穴対策の基礎化粧品

    たるみ毛穴の有効成分

    毛穴引締めの豆知識

    たるみ毛穴の美容機器