• エステVSたるみ毛穴
  • 美顔器VSたるみ毛穴
  • 基礎化粧品VSたるみ毛穴
  • コラーゲン摂取VSたるみ毛穴
  • 洗顔クレンジングVSたるみ毛穴
  • 30代からの毛穴引締め|たるみ毛穴徹底対策ガイドTOP > エラスチンは毛穴にどういいの?

    エラスチンは毛穴にどういいの?

    生活習慣の乱れなどによる皮脂の過剰分泌はもちろんのこと、そのほかにも特に加齢と伴に変化を見せるのが毛穴です。 厄介なもので開ききってしまった毛穴は自然に戻るのは難しく、見た目も全くよくありません。 そのため多くの女性がこの毛穴に関心を持っています。 一体どのようにして改善させることができるのでしょうか。 そもそもそのためにはお肌の造りについて簡単に知っておく必要があります。 私たちのお肌は3層から成り立っているのですが、ちょうどお肌の奥にくる部分、そこを真皮という風に呼ばれています。 この真皮と呼ばれる部分こそが、実はお肌のハリや弾力という点で大変大切な鍵をにぎっているのです。 さてその真皮は一体何からできているのでしょうか。 いろいろな要素がありますが、中でもそのハリや弾力に関わるのがコラーゲンとエラスチンです。 コラーゲンはよく耳にされる美容成分ですが、実はエラスチンなしではその役目を果たすことができないほど深い関係があるのです。 コラーゲンとは簡単に言えば糸のようなものなのです。 それを束ねるエラスチンのおかげで、私たちのお肌をしっかり支えることができるのです。 そのためエラスチンが不足すれば、当然コラーゲンもパワーを失ってしまいます。 よってその影響がたるみや毛穴の開きとなって現れるというわけです。 しっかり外から補ってあげる必要がありますね。

    エラスチンの摂取方法

    美容成分としてよく知られるコラーゲンですが、エラスチンを知る人は少ないかもしれませんね。 しかしこれらふたつの成分は切っても切れない縁にあります。 様々な効果をもたらすコラーゲンですが、それもエラスチンの力なしには発揮させることができません。 ぜひコラーゲンとともに、しっかりエラスチンを補っていきたいものです。 さてそんなエラスチンの摂取補法として、よく化粧品が挙げられます。 しかしこれには十分注意すべきでしょう。 といいますのもエラスチンはコラーゲンとともに真皮で働くものです。 つまりお肌の奥の奥へと浸透しなければ意味がありませんから要注意です。 エラスチンを多く含む食品といえば、牛スジ肉、手羽先、軟骨、煮魚といったところでしょう。 こうして見てみるとコラーゲンが多く含まれた食品と共通していることがわかりますよね。 そのため毎日食べるには少し無理がある食品でもあります。 そんなときにはコラーゲンと同様エラスチンサプリメントを上手に利用するとよいでしょう。 最近では種類も多く、動物性、植物性の2種類から選んで摂取することが可能です。 普通エラスチンサプリメントというと、他の有効成分も多く含まれています。 そのひとつがコラーゲンですから、同時に補っていける点がポイントでしょう。

    エステで毛穴対策

    美顔器で毛穴対策

    管理人オススメの基礎化粧品

    たるみ毛穴対策の基礎化粧品

    たるみ毛穴の有効成分

    毛穴引締めの豆知識

    たるみ毛穴の美容機器