• エステVSたるみ毛穴
  • 美顔器VSたるみ毛穴
  • 基礎化粧品VSたるみ毛穴
  • コラーゲン摂取VSたるみ毛穴
  • 洗顔クレンジングVSたるみ毛穴
  • 30代からの毛穴引締め|たるみ毛穴徹底対策ガイドTOP > レチノールは毛穴にどういいの?

    レチノールは毛穴にどういいの?

    加齢と伴にどうしても開いてしまい、さらには汚れの蓄積によって黒ずみとなってしまう毛穴。 特に多くの女性の悩みと言えるでしょう。 そのため今では様々な毛穴対策化粧品やサプリメントなどが市販されていますよね。 毛穴対策にはいろんなタイプの美容成分が大切になりますが、その中もレチノールという成分に注目してみてください。 毛穴といえばひらるろ酸やコラーゲンが代表的な美容成分として話題となりますが、実はこのレチノールもとても重要な役割を果たします。 ぜひ化粧品などを購入の際には成分表示をチェックしてみてくださいね。 さてレチノールとは一体どんな成分なのでしょうか。 そもそも毛穴のトラブルはお肌を構成するひとつであるコラーゲンが減少し、お肌がたるみ始めることが原因と言われています。 そこでまさにこのレチノールという成分はコラーゲンを増加させる働きを持つのです。 コラーゲンといえば食品や化粧品、サプリメントなどからの摂取が可能です。 それに加えてレチノールを摂取すればさらに効果をアップすることができるというわけなのです。 また肌の老化で大切なポイントとなるのが新陳代謝。 これがしっかり機能していなければ新しい細胞が作られず、古い肌のみが残ってしまいます。 そんな新陳代謝を促進するのもレチノールです。 このようにレチノールはそれが直接毛穴に働きかけるというわけではありません。 しかし毛穴を実際に引き締める成分などがしっかりとその機能を果たせるように、いわば土台作りをするような存在です。 積極的に他の美容成分と摂取できるとよいですね。

    レチノールの摂取法

    ビタミンAの一種とも言われているレチノール。 その効果はいろいろで、よく風邪に効くとも言われます。 美容の世界ではというと、もちろん特にアンチエイジングとしてこのレチノールの存在は大きいものです。 しかし他の美容成分と同じく徐々に減少していくものでもあります。 いろんな方法で上手に摂取してあげましょう! さてレチノールに限らず他の成分でもいえることかもしれませんが、現在ではサプリメントに頼ってしまう方が増加しているようです。 サプリメントはあくまでも補助的な存在。 普段の食事では足りない部分をサプリメントで補うのが鉄則です。 それではレチノールはどんな食品から摂取することができるのでしょうか。 まずあんこう、うなぎ、あゆ、ぎんだら、あなごなどといった魚に多く含まれます。 そして豚レバー、鶏レバー、くじらといった肉にも含まれる成分なんですよ。 その他卵や牛乳にも含まれていると言われます。 これらを上手に食べてレチノールを摂取していくとよいのですが、問題は特に肉には脂肪も多いということ。 食べすぎはレチノールのみならず他のあまり必要の無いものまで体に取り入れてしまうこととなりますので注意しましょう。 またレチノールはサプリメントからの摂取も可能ですが、必ず使用上の注意も守るべきです。 といいますのはレチノールの過剰摂取で肌荒れや下痢などの副作用が考えられるからです。 また妊婦さんも胎児への悪影響もないわけではありませんから、服用には必ず医師に相談するようにしましょう。

    エステで毛穴対策

    美顔器で毛穴対策

    管理人オススメの基礎化粧品

    たるみ毛穴対策の基礎化粧品

    たるみ毛穴の有効成分

    毛穴引締めの豆知識

    たるみ毛穴の美容機器