• エステVSたるみ毛穴
  • 美顔器VSたるみ毛穴
  • 基礎化粧品VSたるみ毛穴
  • コラーゲン摂取VSたるみ毛穴
  • 洗顔クレンジングVSたるみ毛穴
  • 30代からの毛穴引締め|たるみ毛穴徹底対策ガイドTOP > ルチンは毛穴にどういいの?

    ルチンは毛穴にどういいの?

    ビタミンPとも呼ばれるルチン。 これは非常に抗酸化作用の強い物質で、食品類の酸化防止にもよく利用されるものです。 そんなルチンですが、実は美容の世界でもかなり注目される存在です。 様々な美容効果が考えられますが、中でも多くの女性の関心が集まる毛穴のトラブルにはどう反応してくれるのでしょうか。 さて美容成分の代表例としても挙げられるのがビタミンCでしょう。 ビタミンCも毛穴対策には欠かせない成分です。 といいますのもビタミンCには皮脂の分泌をコントロールする働きがあるからなのです。 毛穴はこの皮脂の過剰分泌によりだんだん汚れが蓄積していくものです。 そこで役に立つのがこのルチンという成分。 ビタミンCの吸収を助ける働きをします。 ですからルチンとビタミンCを同時に摂取することでさらなる効果が期待できそうですよね。 またビタミンCはコラーゲンの生成にも関わる成分です。 つまりルチンは間接的ではありますが、毛穴の引き締めには欠かせないコラーゲンの生成を促すのですね。 このようにルチンは主にビタミンCと伴に働く物質であると言うことができるでしょう。 また先ほどの抗酸化作用のために、毛穴に溜まる皮脂などの汚れが空気に触れて酸化してしまうのも防いでくれます。 上手に摂取して健康なお肌を維持したいものですよね。

    ルチンの摂取方法

    高血圧の予防など、様々な健康効果ももたらしてくれるのがこのルチンという物質です。 しかしそのほかにも効果は幅広く、お肌の健康にも欠かせない存在なのです。 そんなルチンは食品からの摂取が可能なのですが、それほど効率的にできるわけではありませんので工夫が必要でしょう。 さてルチンを多く含む食品として有名なのが蕎麦です。 しかし蕎麦の場合、ルチンは水に溶け出す成分ですので注意が必要です。 蕎麦湯もしっかり飲めば、たくさんルチンを摂取することができますよ。 そんな理由からきっと昔から蕎麦湯を飲む習慣があったのでしょうね。 またそのほかオレンジ、ケール、なす、たまねぎ、アスパラガス、ほうれん草という食品にも含まれています。 これらの食品は特に摂取が難しいものではありませんよね。 どんどん毎日の食事に取り入れていくべきでしょう。 ただし先ほども申しましたとおり、ルチンはそう簡単に必要な量を食品から摂取できるわけではありません。 そのためサプリメントも併用して利用していくとよいのではないでしょうか。 またビタミンCと伴に働く成分でもありますから、それと一緒に摂取していくのもコツです。 いずれにしてもルチンは美容のみならず、健康にもとてもよいものです。 ルチンの摂取により風邪をひきにくくなったり、また傷や出血も治りやすいといわれています。 普段から積極的に摂取していくとよいでしょう。

    エステで毛穴対策

    美顔器で毛穴対策

    管理人オススメの基礎化粧品

    たるみ毛穴対策の基礎化粧品

    たるみ毛穴の有効成分

    毛穴引締めの豆知識

    たるみ毛穴の美容機器